企業生存率。

こんにちは(^o^)丿

朝晩が涼しくなって、過ごしやすい季節になってきましたね。

すでに、大月では寒いという情報も(-_-;)

寒暖の差がありますので、皆さん体調には気を付けて下さい。

 

さて、今日はタイトルにもつけました『企業生存率』のお話をしたいと思います。

先日、テレビを見ていてこの話を聞いてびっくりしました!

なんだか、難しそうな言葉ですよね?

要は、会社が生き残っている確率の事です。

 

会社は、起業してから期を重ねて色々な困難を乗り越え、経営されていきます。

会社が倒産しないで、経営されていくことを生存率と呼んでいるそうです。

【企業生存率】

1年以内に60%が消滅

5年以内に80%消滅

10年以内に95%が消滅

30年以内に99.98%が消滅

 

この数字にびっくりしますよね。

こんなに多くの会社が30年以内で倒産もしくは解散をしているとは…

 

共立建設は今年の4月で25周年を迎えました☆

上記の生存率に当てはめると、優良な会社といっても良いのではないでしょうか。

30年まであと5年!!

生存率0.02%の奇跡の会社を目指して頑張っていきたいと思います♪

 

                               

                           共立建設㈱ 桶川事務所 担当:Q

 

 

 

前の記事

嬉しい制度です♪

次の記事

第16回安全推進大会